無添加ドッグフードの基準

愛犬に必要な栄養素とは
犬に必要な主な栄養素は炭水化物(糖質・食物繊維)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水分です。
中でも犬は人間よりも重量あたりのたんぱく質を多く摂取しなければなりません。
ドックフードは食事ですから上記の六大栄養素の中から炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンの五つの栄養成分に注意して選ぶことが必要です。(水分は大切な栄養成分の一つですので犬が必要としたらすぐ飲めるように用意しておくと良いです)

犬の五大栄養素について
犬に必要な栄養の情報を念頭に入れておくことも大切かと考えました。
犬の五大栄養素についても簡単に調べてみます。

炭水化物
ドライのドックフードなどでは穀物が含まれるものもあります。
エネルギーに変わる糖質と腸の調子を整える食物繊維質をとることも犬の食事の選択肢の一つです。
糖質は体内で脂肪に変換されやすく採り過ぎないようにすることが注意点です。

たんぱく質
たんぱく質はアミノ酸がバランス良く含まれているたんぱく質を摂取することが大切です。
犬は肉食動物であるため最も基本的に重要な栄養といえます。

脂肪
脂肪も犬には必要な栄養素です。人間よりも重量の割に多く摂取する必要があります。
採り過ぎは肥満につながってしまいますので、炭水化物と同様に注意が必要です。

ビタミン
犬が栄養とするビタミンは豊富でビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミン、ビタミンB群、Cなどの水溶性ビタミンです。犬は体内でビタミンK、Cを合成できますがその他の栄養とする上記のビタミンは食事を通して体内に取り込む必要があります。

ミネラル
犬に栄養として必要なミネラルはカルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、塩分、鉄、亜鉛、
銅、マンガン、セレン、ヨウ素、ホウ素、クロムなどです。多量・微量など、必要な栄養分量を吟味して程よくミネラルを摂取させる必要があります。

無添加ドッグフード
添加物や防腐剤の成分が入っていないドックフードのことです。

微量の添加物や防腐剤の成分が入っているドックフードは長く与え続けると犬の健康を損なうとして問題視されています。市販のドックフードはこれらが入っているものも見られるので注意が必要です。
無添加ドックフードを上記の五大栄養素と成分のバランスを考えて購入すると良いでしょう。
ネットの通販で工場直送で入手できる無添加ドックフードもあります。
大切なのは成分と量なので気をつけて犬の食事に無添加ドックフードを選ぶことをおススメします。

無添加ドックフードだけでなく、食事も上記の五大栄養成分のバランスを考慮して摂取させるなどのケアも重要です。
無添加ドッグフード選びで迷ったらこちらを参考にしてみてください⇒無添加ドッグフードランキング【安心・安全なフードを選ぶならコレ】

安心安全の国産ドッグフード、ボンボンママ

<人間でも食べられるドッグフード?>
ワンちゃんの食事にこだわって無添加のものを選んでいる人は多いと思います。

市販されているドッグフードは添加物が含まれていたり、ワンちゃんにあまり必要ではない栄養素まで摂取してしまうようなものもあったりして、ドッグフード選びって難しいです。

いくら体に良いと言っても、ワンちゃんが食べてくれない可能性もあります。
安心で美味しくてワンちゃんが元気に過ごせるためのドッグフードとしておすすめなのが、人間でも食べられると言われているドッグフード「ボンボンママ」です。

安心の無添加、手作りドッグフードで厳選された素材でたんぱく質をしっかり摂取できます。

<ボンボンママについて>
ボンボンママはアレルギーを持っているワンちゃんでも安心して食べられるフードでまぐろ、ささみ、鮭からたんぱく質の種類を選べます。
これらにプラスして25種類の食材が入っています。
じゃがいも、さつまいも、にんじん、かぼちゃ、しいたけ、小松菜、ごぼう、キャベツ、ブロッコリー、トマト、りんご、米粉、日高きび、黒ゴマ、ブルーベリー、グレープシードオイル、ラズベリー、鰹節、じゃこ、ビール酵母、パセリ、リンゴ酢などです。私たちが普段食べている食材ということが分かりますので、本当に安心できます。

ワンちゃんは肉食動物なので、たんぱく質をしっかりと摂取することが大事です。
ボンボンママは栄養バランスをしっかり考えて作られているので、不足してしまうことはありません。
さらにワンちゃんが喜ぶおやつも販売しています。
おやつはクッキーなどがあります。ワンちゃんもおやつの時間は楽しみにしていると思いますので、ぜひ美味しくて安全安心のおやつをあげてください。

ボンボンママでは、おやつは目的別に選べるようになっています。
そのためおやつも健康のための食事として考えられています。

<ワンちゃんがボンボンママを喜んで食べてくれる>
ボンボンママの食事は、ワンちゃんが喜んで食べてくれると口コミでも評判です。
テレビで紹介されてさらに注目されています。
人間が食べられるというドッグフードはなかなかありません。
公式サイトでは、ワンちゃんが喜んで食べてくれる理由、そして各フードの細かい栄養についての説明などもされていて、とても勉強になります。

ワンちゃんのための理想的な食事を考えてあげるのであれば、ボンボンママはとても最適でしょう。
ボンボンママではワンちゃんのグッズ販売などもしていますので、ぜひ一度サイトをチェックしてみてください。

犬の健康を考えたドッグフードの選び方

犬に与えるドックフードは、犬の健康を管理する上で非常に大切になってきます。
しかし選ぶ際に数多く市販されている中から、どれを選べばいいかわからない方も多いと思います。自分が飼っている犬に合わせたドッグフードを選ぶには、どのような選び方をしたらいいのでしょうか。

【給与試験済みの総合栄養食を選ぶ】
犬が食事によって必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどです。あまり人の摂る食事の栄養素と変わらないのですが、栄養バランスが大きく異なってきます。そのため、手作りの食事を犬に与えることは、栄養バランスを管理できない方にはおすすめしません。

市販されているドックフードの中には、一般食や副食と表記されているものがあります。この表記がされているものは、必要な栄養素が足りていないことがあるため、別のドックフードで補う必要があります。栄養管理が上手く行える方であればそれでも大丈夫なのですが、難しい方も多いでしょう。

その場合は、給与試験済みの総合栄養食を選びましょう。総合栄養食とは、ペットフード公正取引協議会がペットが生きていく上で必要な栄養素を満たしていると認定した食品のことを指します。総合栄養食と水分だけを与えていれば、栄養不足にならずに犬が健康に暮らしていくことができます。

【ドックフードを与える回数】
成長期に適切な栄養管理することで、健康な成犬に育てることが出来ます。成長期は骨や肉が発達して、身体が大きくなり身体機能が成長します。しかしだからといって、たくさんのカロリーを取らせてしまうのもよくありません。成長期の犬はまだ口や胃が小さい事が多く、一度にたくさんの食事を取れないことが多いからです。食事の回数は3回程度を目安にして与えるように心がけましょう。
また、成長が終わり成犬になると、成長期の犬ほどカロリーを必要としなくなります。そのため、あまり運動量の少ない犬にはカロリーを取りすぎる事のないよう注意が必要です。犬の健康管理では、食事の与える頻度に気をつけることが大切です。

【犬に合ったドッグフードを選ぶ】
しかしながら、いくら品質がよく信頼できるメーカのドックフードでも、犬の個体差によって合わないものもあります。ドッグフードを食べていたら、突然下痢や嘔吐などを起こした場合、動物病院に相談することが必要です。また、動物病院でドッグフードを処方された場合は、獣医師の許可無く変えることはやめ必ず相談してから変えるようにしましょう。

ドックフード選びは、犬の健康管理密接に関わってくるため慎重に選ぶ必要があります。また、与えている際に少しでも犬の調子が悪くなったりした場合、すぐ動物病院に相談することが大切です。

キャットフードに関することについて

・フード選びの際に気を付けたい添加物ーフード選びの際に気をつけたいことは、化学薬品や化学的な酸化防止剤(BHA,
BHT,エトキシキン)などの添加物が入っていないものを選ぶことです。
小さな体で、毒素を体外へ排出する力が少ない猫にとってどんな影響力があるのかを考えると、普段の食事からも極力取り
込みたくないものです。

・そのフードは大丈夫?原材料をしっかりチェックーBHA:合成酸化防止剤のことで、油脂の酸化を抑え保存性を高める
ために使用される合成された化学物質。 BHT:食品の酸化防止剤としても使用されていますが、近年発がん性が指摘さ
れています。 エトキシキン:合成酸化防止剤。 日本では食品添加物として認められていません。胎児奇形をもたらした
り、発がん性が指摘されています。
肉食獣である猫の食事は、犬よりも高タンパク質が基本です。また、必須のビタミンや脂肪酸も犬より多いので、猫はドッ
グフードでは健康に育ちません。
そこで、次のポイントを踏まえ、猫のフードを選ぶようにするといいでしょう。

・そのポイントー1.肉食の猫には高タンパク質、高脂肪、低炭水化物の食事が理想的です。 2.猫に必須のアミノ酸、ビタ
ミン、ミネラルをバランスよく配合していること。 3.泌尿器系の疾患が出やすいので、対策されたフードを。 4.腎臓機
能の衰えを防ぐために、良質なたんぱく質を。5.猫はより新鮮な食べ物を好む性質なので、少ない容量のパッケイジが理想
です。6.猫は水分摂取が苦手なので、水を多く取らせる工夫を。 7.化学薬品や化学的な酸化防止剤(BHA,BHT、エ
トキシキン)などの添加物が入っていないものを。
上記のようなポイントを押さえた上で、自身の猫のフードを選ぶようにするといいでしょう。

避妊・去勢手術をしたワンちゃんに最適なドッグフード

世の中には沢山のワンちゃんが存在します。その中で、避妊・去勢手術を行ったワンちゃんも数多く居ると思います。
手術を施した理由は様々だと思います。

産まれた子犬を育てていける環境ではなかったり、そもそもこれ以上増やしたくないという考えであったり、手術をすることでオスやメスそれぞれ特有の病気を防げるので、愛犬の健康のために行ったなどその他にも理由は沢山あると思います。
そんな避妊・去勢手術を行ったワンちゃんがこれからもずっと健康で幸せに暮らしていくためにも、ドッグフード選びはとても大切になります。
ペットショップやホームセンターのペットコーナーに行くと、沢山の種類のドッグフードが並んでいます。年齢に合わせたものや、犬種別に分かれているものなど実に様々です。

その中で、避妊・去勢手術をしたワンちゃん用のドッグフードも存在します。
基本的に手術をしたワンちゃんは、そうでないワンちゃんに比べて太りやすい体質になることが多いです。
手術前と同じドッグフードを食べていると、量は変わらないのに何だか太ってしまった…ということになってしまうのです。

肥満は人もそうですが、ワンちゃんにとっても大敵であり、健康のために出来る限り避けなければいけません。
避妊・去勢手術をしたワンちゃん用のドッグフードであれば、ラムや野菜などのヘルシーな材料をメインに作られていて、カロリーも低めなものがほとんどなので、パッケージに記載されている量を守れば肥満になる可能性を低くすることが出来ます。

大切なワンちゃんと末永く一緒に暮らして行くためにも、ワンちゃんに最適なドッグフードをきちんと選んで、ワンちゃんも人もずっと健康を維持していくことが必要不可欠で大事なことなのではないかと考えています。