犬の健康を考えたドッグフードの選び方

犬に与えるドックフードは、犬の健康を管理する上で非常に大切になってきます。
しかし選ぶ際に数多く市販されている中から、どれを選べばいいかわからない方も多いと思います。自分が飼っている犬に合わせたドッグフードを選ぶには、どのような選び方をしたらいいのでしょうか。

【給与試験済みの総合栄養食を選ぶ】
犬が食事によって必要とする栄養素は、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどです。あまり人の摂る食事の栄養素と変わらないのですが、栄養バランスが大きく異なってきます。そのため、手作りの食事を犬に与えることは、栄養バランスを管理できない方にはおすすめしません。

市販されているドックフードの中には、一般食や副食と表記されているものがあります。この表記がされているものは、必要な栄養素が足りていないことがあるため、別のドックフードで補う必要があります。栄養管理が上手く行える方であればそれでも大丈夫なのですが、難しい方も多いでしょう。

その場合は、給与試験済みの総合栄養食を選びましょう。総合栄養食とは、ペットフード公正取引協議会がペットが生きていく上で必要な栄養素を満たしていると認定した食品のことを指します。総合栄養食と水分だけを与えていれば、栄養不足にならずに犬が健康に暮らしていくことができます。

【ドックフードを与える回数】
成長期に適切な栄養管理することで、健康な成犬に育てることが出来ます。成長期は骨や肉が発達して、身体が大きくなり身体機能が成長します。しかしだからといって、たくさんのカロリーを取らせてしまうのもよくありません。成長期の犬はまだ口や胃が小さい事が多く、一度にたくさんの食事を取れないことが多いからです。食事の回数は3回程度を目安にして与えるように心がけましょう。
また、成長が終わり成犬になると、成長期の犬ほどカロリーを必要としなくなります。そのため、あまり運動量の少ない犬にはカロリーを取りすぎる事のないよう注意が必要です。犬の健康管理では、食事の与える頻度に気をつけることが大切です。

【犬に合ったドッグフードを選ぶ】
しかしながら、いくら品質がよく信頼できるメーカのドックフードでも、犬の個体差によって合わないものもあります。ドッグフードを食べていたら、突然下痢や嘔吐などを起こした場合、動物病院に相談することが必要です。また、動物病院でドッグフードを処方された場合は、獣医師の許可無く変えることはやめ必ず相談してから変えるようにしましょう。

ドックフード選びは、犬の健康管理密接に関わってくるため慎重に選ぶ必要があります。また、与えている際に少しでも犬の調子が悪くなったりした場合、すぐ動物病院に相談することが大切です。