無添加ドッグフードの基準

愛犬に必要な栄養素とは
犬に必要な主な栄養素は炭水化物(糖質・食物繊維)、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水分です。
中でも犬は人間よりも重量あたりのたんぱく質を多く摂取しなければなりません。
ドックフードは食事ですから上記の六大栄養素の中から炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンの五つの栄養成分に注意して選ぶことが必要です。(水分は大切な栄養成分の一つですので犬が必要としたらすぐ飲めるように用意しておくと良いです)

犬の五大栄養素について
犬に必要な栄養の情報を念頭に入れておくことも大切かと考えました。
犬の五大栄養素についても簡単に調べてみます。

炭水化物
ドライのドックフードなどでは穀物が含まれるものもあります。
エネルギーに変わる糖質と腸の調子を整える食物繊維質をとることも犬の食事の選択肢の一つです。
糖質は体内で脂肪に変換されやすく採り過ぎないようにすることが注意点です。

たんぱく質
たんぱく質はアミノ酸がバランス良く含まれているたんぱく質を摂取することが大切です。
犬は肉食動物であるため最も基本的に重要な栄養といえます。

脂肪
脂肪も犬には必要な栄養素です。人間よりも重量の割に多く摂取する必要があります。
採り過ぎは肥満につながってしまいますので、炭水化物と同様に注意が必要です。

ビタミン
犬が栄養とするビタミンは豊富でビタミンA、D、E、Kの脂溶性ビタミン、ビタミンB群、Cなどの水溶性ビタミンです。犬は体内でビタミンK、Cを合成できますがその他の栄養とする上記のビタミンは食事を通して体内に取り込む必要があります。

ミネラル
犬に栄養として必要なミネラルはカルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、塩分、鉄、亜鉛、
銅、マンガン、セレン、ヨウ素、ホウ素、クロムなどです。多量・微量など、必要な栄養分量を吟味して程よくミネラルを摂取させる必要があります。

無添加ドッグフード
添加物や防腐剤の成分が入っていないドックフードのことです。

微量の添加物や防腐剤の成分が入っているドックフードは長く与え続けると犬の健康を損なうとして問題視されています。市販のドックフードはこれらが入っているものも見られるので注意が必要です。
無添加ドックフードを上記の五大栄養素と成分のバランスを考えて購入すると良いでしょう。
ネットの通販で工場直送で入手できる無添加ドックフードもあります。
大切なのは成分と量なので気をつけて犬の食事に無添加ドックフードを選ぶことをおススメします。

無添加ドックフードだけでなく、食事も上記の五大栄養成分のバランスを考慮して摂取させるなどのケアも重要です。
無添加ドッグフード選びで迷ったらこちらを参考にしてみてください⇒無添加ドッグフードランキング【安心・安全なフードを選ぶならコレ】